カテゴリー別アーカイブ: 京都のお店。

「満寿形屋」の鯖寿しうどんセット

満寿形屋

久しぶりに枡形商店街の「満寿形屋」で、鯖寿しうどんセットを。

今まで、ここに来たら、なにも考えずに

鯖すしセットと注文するので、気づかなかったけれど。

なにげに店内のメニューの札を見ていたら

「鯖すし1人前2切 千円」の文字が目に入ってきた。

いつも食べている「鯖寿しうどんセット 千円」のうどんはおまけだったのか。。。と驚いてしまった。

季節によっては開店時間前から、修学旅行生とか観光客が並んでたりするけれど、

基本は地元のお客さんが多いなか、たまに観光客かな?というお客さんが混じっている感じ。

なんともいい風情の古い店内の空気感もたまに味わいたくなる。

今は閑散期だからか、お客さんも並んでおらずサッと食べられた。

ここの鯖すしの木の芽の風味が口に広がる感じと鯖のさっぱりした脂が溶ける感じがすき。

いつか、1本丸ごとで買って、家でゆっくり食べたい。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 京都のお店。 |

「虎屋菓寮」白小倉おしるこ


ダイモン ナオさんの写真
すっごい久しぶりにスケッチ部に参加してきた。

やはり、スケッチやクロッキーはやらないとなーと反省。

今回の場所は御所だったので、スケッチの後のお茶は、虎屋菓寮で。

寒かったので、白小倉のおしるこにしました。

白餡といえば、白いんげん豆の餡が多いと思いますが、

こちらのお店は白あずきをつかった白餡なので、

白餡があまり得意でない私でもあっさりとしながら甘いおいしい餡をいただけます。

夏にはかき氷の餡を白小倉でいただいています。

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

「ウサギノネドコ」のカフェ


IMG_2282IMG_2284IMG_2288IMG_2286

 

IMG_2280

週末に、ライターさんの友人に誘って頂いて、

「ウサギノネドコ」カフェのプレオープンに同行させて頂きました。

最初にウェルカムドリンクとして、樽出しのシェリー酒を。それに前菜。

どれも美味しそうで迷いましたが、

「ホタテとグレープフルーツのマリネ」

「鶏胸肉のローストきゅうりのライタ」

お肉がやわらかくて、きゅうりのライタがとても合う。

「3種のチーズのテリーヌ 季節のフルーツを添えて」

これがまたすごく美味しかった。今回はイチジクでした。

美味しいハチミツがかけられていて、ワインがもっとのみたくなる。

どれも、季節感と素材感を感じられて、とても美味しかったです。

ビジュアルからも楽しませてもらえます。

手前の空間は京都ではあまりない感じのステキな空間。

もともとからある宿とお店の横にカフェをオープンされています。

本日、9月14日オープンだそうです。

これから何かと使えそうなお店でこれからも楽しみです。

「ウサギノネドコ」 http://usaginonedoko.net

 

IMG_2290

締めは坊主バーで、箕面ビールの桃のヴァイツェンの生を。

生は初めてだったけど、桃のフレッシュな香りとホップの苦味が最高においしいな。

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

串揚げ万年青

串揚げ万年青串揚げエビ箸休めとサラダ

昨日はすてきな方々とのお食事会でした。

お店は、みなさんとのつながりのひとつでもある「串揚げ万年青」で。

昨日は楽しくて久しぶりによく食べ、けっこう飲んだような気がする。

こういうすてきな人たちと出会えて、一緒に時間を過ごせることに感謝。

しかし、相変わらず琥珀エビスの生はおいしい。

串揚げも箸休めもやはりおいしかった。

ここの器やお店のつくり、雰囲気が好きだから、ここに来ると幸せな気持ちになれる。

 

 

 

カテゴリー: 京都のお店。 |

「みつばち」の白玉あんみつ。

IMG_1722

ひさしぶりに、「みつばち」の白玉あんみつを食べた。

あんずの豆かんといつも迷う。

ここのあんずのすっぱ甘さとふっくらやわらかい感じがすきだし、

寒天のほどよく張りのある食感もすきだし、

黒蜜のミネラルたっぷり感もあんこのほどよい甘さも

赤えんどう豆のぱつんとした食感と塩気もすき。

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

「着物で日本ワイン会・春」丹波ワインへ

11256576_887050351342701_6685652079489529592_n IMG_1589W6gKgdJgTnWlgHohvaX706gpoNZ4TdYFzgu7pTp6AYI I7Do3_9hWB3LthngZJC8ssYvCIAUru4lBpjx8BbG1aE スクリーンショット 2015-05-12 09.34.31eXqPjx4aA1U1F1RGuzduIo-rsa688v47yw8RJajEN6M-1

 

昔は国産のワインに美味しさをそれほど感じなかったのに、

ここ数年の日本のワインの進化に驚かされっぱなし。

しっかりした深みのあるワイン、本当においしかった。

生樽ワイン、また飲みたい。

丹波ワインの醸造家の内貴さん、ありがとうございます。

着物で遠出は初めて。墨色の格子柄の着物が私。

企画してくれた、京都坊主BARときものomoさん、ありがとう。

 

「京都丹波ワイン」 http://www.tambawine.co.jp

「京都坊主BAR」 http://bozu-bar.jp/index.html

「きもの omo」 http://www.omo-kimono.com

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

omoでのお弁当会→京都坊主Barでの「星とワインのおはなし会」

IMG_1439

IMG_1441

毎月?行われている、「omo」での季節のお弁当会に、行ってきました。

今回はがんばって、伊勢木綿絵の着物きました。

ほとんど手伝ってもらいましたが。。。今年の目標は、簡単な着物を自分で着れるようになるです。

何年か前に西陣織会館に初級編を習いに行ったのに、順番すらあやしかった。

でも、慣れるしかないよなと諦めて、間あけずに着るようにしようと思う。

今月は、筍ごはんでした。だし巻きも生麩の揚げたん?に味噌のせなど、相変わらず美味しかった。

 

IMG_1445

食後にお茶して話して、坊主バーに移動。

今月はおうし座についてのお話だった。今回2回目の参加だけど、

自分が生まれた日時のホロスコープでわかることってすごい。。。

自分の持って生まれた性質とか過去を照らし合わせると、なるほどなと思えることが多い。

もう少しお話きいて、これから先に自分が気をつけるべきことや

チャレンジしてみるべきことに活かしていけそう。

星座をイメージしたワイン、今月は長野のファンキーシャトー グリグリというワイン。

春らしい味のおいしいワインだった。

シェーブルのチーズ2種とナツメヤシもおいしかった。

2月後半から少し前まで、バタバタのスケジュールだったけれど、

久しぶりに1日中ゆっくりした。

 

次の「星とワインのおはなし会」はふたご座について。

その星座の生まれでなくても、ご自身のホロスコープを作ってもらえて

役にたてそうなお話が聞けます。

スキャン 13

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

「やっこ」のキーシマ

IMG_0752

室町夷川東に入ったところにある「やっこ」のキーシマ。

友人から、おいしいおいしいと聞きながら、なかなか食べることのなかったキーシマ。

仕事の合間の少し遅いお昼ごはんで、やっと食べることができた。

うどん出汁に中華麺のみ。410円。

これだけでは少し物足りないのでは思い、ミニ衣笠丼かミニやきめしをつける。

お出汁は少し甘めの優しいお味。なんだ、このクセになりそうなうまさは。と思った。

シンプルにおいしいって、すごいな。

やきめしもチャーハンではなく、本当にやきめし!

友人が通うというのも分かる気がする。

古い建物の空間もいい感じを醸し出してる。

お会計している時に気がついたけど、自家製麺なんだって。

だからかな?麺もさらっとおいしかった。

今度は友人おすすめのカレーキーシマを食べてみようと思う。

でも、中華そばも美味しそうだったなー。

しばらくあきるまでは、通ってしまいそうや。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |

「砂糖時光」、本日、最終日

スクリーンショット 2014-11-23 10.29.12のコピー

11月14日から始まった4人展「砂糖時光」、本日で最終日です。

昨日は大変多くの方々にお越し頂きまして、本当にありがとうございました!

マスキングテープセットも残り数個になっております。

本日、最後、がんばってきます!

 

写真について。↓

連休中で、近くのうどん屋さんやお昼が食べられそうなところは、どこも人が並んでいて

私たち作家組は、nowakiから徒歩30秒の路地奥の奥にある「みずいろクラブ」でお昼ご飯をいつも食べています。

メニューは多くありませんが、なかなかのおもしろいお店です。

若い女の子が3人でリノベして、やられているカフェです。

静かで、ゆったりとできます。

nowakiにこられた際は、行ってみてください^^

 

 

 

 

カテゴリー: おしごと、展示, ブログ, 京都のお店。 |

藤岡酒造



先月、取材で訪れた伏見の「藤岡酒造」。

酒造りを眺めながら日本酒を楽しめる。

「蒼空」というお酒はボトルも素敵だし、ラベルも帆布のような生地になっていて、どうにも洗練されてる。

おつまみも400円台で用意されていて、どうにもおいしかった。

また絶対に行きたい。

 

 

カテゴリー: ブログ, 京都のお店。 |